はじめに4.まとめ - ツーファイブ通信

はじめに4.まとめ

前半は一緒.jpg

こう3つ続けて、ドンドンドンと前半が同じ譜例を見せられたら、パズルみたいと思うかもしれません。

しかし実際に聞くのはどれか一つなのでパズルみたい、と思うことはまずないと思います。


原因はそこじゃない



人の演奏を聞いてそう思った場合は、

・例に出したフレーズの場合は8分音符のみでリズムに工夫がなく、音の羅列に聞こえる

・覚えている手グセの種類が少ない

・タイム感、音色が悪い


のどれかにあてはまるのではないでしょうか?


・8分音符のみでリズムに工夫がない



練習したフレーズをそのまま演奏するとそうなってしまうでしょう。
気分によって音を抜いたり、リズムを変えたり出来ると良くなります。
このブログで覚えたフレーズのアレンジの仕方も紹介していきます。

始めからリズムに変化がついたフレーズばかりではアレンジがしづらいので、
練習するときは8分音符のみのフレーズのほうが都合がいいと思います。
素材のまま学ぶ、という感じです。

3連符のフレーズ例があると3連符の使いどころがわかるので、ぜひ取り入れていっていいと思います。

・覚えている手グセの種類が少ない



手グセの種類が少ないと言うことは、手グセとそうでないフレーズの違いが顕著だと言うこと、

「やぁみなさんお揃いで、ごきげんいかがですかな?」

と長い文章は完璧に言えるけど、

「やぁ」 「みなさん」 「ごきげんいかが?」
など、文章の中からピックアップするのは難しい状態です。

でも大丈夫、
「こんにちは、いい天気ですね。」

「おはようございます、今日もがんばりましょう」

「さようなら、また明日ね」

が言えるようになると、だんだん短い単語も言えるようになるでしょう。

そのため毎日

「やぁみなさんお揃いで、ごきげんいかがですかな?」
を完璧に言えるように訓練するよりかは

つたなくてもいいので
「こんにちは、いい天気ですね。」

「おはようございます、今日もがんばりましょう」

「さようなら、また明日ね」

など多くの種類の言葉をインプットしていくほうが近道かもしれませんね、一概には言えませんが。


タイム感、アーティキュレーションが悪い



スイング感が悪い、と言い換えられると思いますが、

アドリブを採譜して、
演奏と一緒に弾いてみる。

というやり方が一番私には合っていたような気がします。

スイングの8分音符のリズム、そしてどこにアクセントをつけ、どこを弱く演奏するのか、自然に身についてくると思います。


ちなみに私はバップやスイングものは得意ですが、少しキーやコードが難しくなったり、コンテンポラリーな雰囲気になると急に何も喋れなくなるのでよくからかわれます、人のこと全然言えませんね。笑


というわけで前置きがだいぶ長くなりましたが、
次回からは隔日でツーファイブフレーズを解説込みで紹介していきます。



独学ではなかなかわかりづらい、かゆいところに手がとどくブログに出来ればと思っています。

乞うご期待!



オススメ記事→【ジャズのエッセンスを感じよう!あなたのアドリブをレベルアップさせる珠玉のフレーズ集(音声付き・全楽器対応)】

タグキーワード
2014-09-23 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © ツーファイブ通信 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます